Coco-de-sica Top講師派遣 > 養老 孟司

講師紹介

養老 孟司
ようろう たけし
 
現職 東京大学名誉教授
著書

昭和12年 神奈川県鎌倉市に生まれる
昭和37年 東京大学医学部卒業 1年のインターンを経て解剖学教室に入る 以後解剖学を専攻
昭和42年 医学博士号修得
昭和56年 東京大学医学部教授に就任,東京大学総合資料館長、東京大学出版会理事長を兼任
平成元年 『からだの見方』(筑摩書房)でサントリー学芸賞を受賞
平成7年 東京大学を退官
平成8年 北里大学教授に就任(大学院医療人間科学) 大正大学客員教授を兼任(人間学原論)
平成10年 東京大学名誉教授
平成15年 北里大学を退職、『バカの壁』(新潮社)で毎日出版文化賞を受賞

講演テーマ ◆企業の新入社員導入教育インストラクター
◆管理者研修
◆社内キャリアー研修
◆経営幹部に対するコンサルテーション
◆社内リーダー、(メンター)養成講座
◆経営者に対するマン・ツー・マンのメンタリング、コーチング
◆病院、介護施設における看護師・社会福祉士研修
著書

超バカの壁
(中央公論新社)

 

バカの壁
(新潮社))

まともな人
(中央公論新社)

 
 
養老孟司 その他の著書

「ヒトの見方−形態学の目から」(筑摩書房)
「形を読む−生物の形態をめぐって」(培風館)
「脳の中の過程−解剖の眼」(哲学書房、のち「脳の見方」(筑摩文庫)
「進化・人間はどこへ」(ほるぷ出版)
「からだの見方」(筑摩書房)サントリー学芸賞を受賞「唯脳論」(青土社)
「涼しい脳味噌」(文藝春秋)
「カミとヒトの解剖学」(法蔵館) 
「本が虫」(法蔵館)「解剖学教室へようこそ」(筑摩書房)
「続・涼しい脳味噌」(文藝春秋) 
「考えるヒト」(筑摩書房)「日本人の身体観の歴史」(法蔵館) 

「臨床読書日記」(文芸春秋社)
「脳に映る現代」(毎日新聞社)
「体の文学史」「死の壁」(新潮社)
「毒にも薬にもなる話」(中央公論社)
「ミステリー中毒」(双葉者)
「脳と自然と日本」(白日社)
「虫目とアニ眼」(徳間書店)
「記憶がウソをつく!」(扶桑社)
「いちばん大事なことー養老教授の環境論」(PHP研究所)
「養老孟司 ガクモンの壁」(日本経済新聞社)
「運のつき 死からはじめる逆向き人生論」(マガジンハウス)
『バカの壁』(新潮社)で毎日出版文化賞を受賞